アイキララが医学誌に!何がすごいって?口コミレベルを超えた!?

アイキララが医学誌に!何がすごいって?口コミレベルを超えた!?

アイクリームとして人気の「 アイキララ (EYE KIRARA) 」
口コミを見てみると評判は真っ二つで、目の下のクマなどに効果があるの?と疑問に思ってしまうと思いますが、こんなものを見つけました!

 

アイキララ_医学誌(研究誌)

 

異例ですが「医学と薬学」という医学誌(研究誌)にアイキララが掲載されているんです!

 

医学誌に載る事がそんなにすごいの?

 

疑問

 

ハッキリ言ってすごいです。

 

化粧品だとファッション雑誌などに掲載されることはよくありますが、医学誌に化粧品が掲載される事は数少ないからです。
その根本理由の一つに挙げられるのが、「試験の結果が悪かった場合を想定して試験には出さない会社が多い」が考えられます。

 

 

っといいますのも、試験の結果が悪かったら評判が悪くなり化粧品は売れなくなるし、試験結果の論文がテキトーなものだと多くの病院関係者の方が見る医学誌には掲載できないのです。

 

そんな中、今回の掲載内容はアイキララに効果があるのかを試験した結果です。

 

逆に言えばよほどアイキララに自信があったのかもしれません。

 

試験結果はどうだったの?

 

医学と薬学に掲載されたアイキララの論文を確認すると・・・

 

試験品「アイキララ」は、目元のクマおよびたるみに対する改善効果が期待でき、主観的な実感評価から化粧ノリや小ジワに対する改善効果も示唆された。本試験品について有害な事象は発現せず、安全性について何ら問題がないと判断された。   (引用文献:医学と薬学)

 

私はこの本を見て「医学誌から、お墨付きをもらっている」と、勝手に思ってしまいました^^
もはや口コミのレベルを超えています!こんな記事見たら買いたくなってしまいますよね!?

 

アイキララは効果が期待できるのか?

 

最終的に気になるのは、自分に効果があるのか!?という所ではないでしょうか?
アイキララを使った人の口コミや評判をたくさん見てみましたが、本当に評判が2つに分かれているんです。
口コミから分かることは

 

  • すぐに効果が実感できる人がいる、一方で1ヵ月続けても効果を実感できない人がいる。
  • 目の下のクマへの効果はクマの種類によって個人差がかなりありそう。

 

なので次のことに当てはまる方には、私はオススメしてないです。

オススメしない人

  • 1ヵ月以内に効果を実感できないと嫌な人
  • 医学誌の試験結果を信じられない人

オススメする人

  • 最低でも2〜3ヵ月以上継続して試してみようと思える人
  • 個人差があるとわかったうえで、アイキララで明るい目元を取り戻したい人

 

医学誌にも掲載されている評判のアイキララはこちら

 

 

 

ちなみにオススメしない人と紹介した人には、公式サイトの全額返金保証制度付きの購入方法で購入すると、1ヵ月で効果を実感できなかった場合アイキララ1本分の代金が返金されますので、この制度を利用されるといいと思います。
アイキララの全額返金保証をどこよりもわかりやすく!